葬儀は信頼のある場所を利用【最期の孝行をする】

葬式

お金がかからない葬式とは

葬式費用がない場合には

葬式

昔から行なわれてきた一般的な形式で葬儀を営んだ場合、最低でも200万円前後の費用がかかると言われています。祭壇や棺桶のグレードをちょっと上げただけで数十万円単位の追加費用がかかるシステムになっていますから、実際に200万円の出費で済むケースはそう多くありません。香典が入ってきますので、葬儀費用全額を喪主が負担することになるわけではありませんが、最初から香典収入をあてにして葬儀プランを立てるという人はほとんどいません。しかし、そのような高額の費用を用意することができないという遺族もいます。お金がないので葬式を出すことができないと言う人がたまにいますが、東京には低所得者向けの葬儀だけを専門に取り扱っている業者がいます。東京以外の地域にも、低料金の葬儀プランを提供している業者がいますので、お金がない場合はそのような業者の利用を検討してみるとよいです。

葬式の種類

先程述べた東京の葬儀業者の場合、低料金プランとして、直葬プラン、一日葬プラン、家族葬プランなどを用意しています。東京在住者は地方からの転入者である場合が多いため、地域のしがらみや慣習などをあまり重視しません。そのため、直葬や一日葬で葬儀を営むことに対してそれほど強い抵抗感を感じない人が多くなっています。たとえば直葬形式を選んだ場合であれば、20〜30万円前後の費用負担で済ませられる可能性が高いです。また、通夜を行わない一日葬の場合も50万円前後で済むケースが一般的になっています。ちなみに、家族葬プランを採用した場合の費用はケースバイケースとなっていますが、100万円以下で収まることが多いです。それぞれの人が自分の予算や都合に合わせて利用できるようになっているため、低料金プランを用意している葬儀業者が大人気になっています。